Software/Eclipse/3.2.x

Eclipse 3.2.x

plug-in

subclipse

subversionを使用するためのプラグイン。
URL http://subclipse.tigris.org/
Update URL http://subclipse.tigris.org/update_1.2.x

Kijimuna

Seasar2設定ファイルをバリデートするプラグイン。
Update URL http://www.seasar.org/eclipse/updates/3.1/

anyedit

tab-->space変換を行うためのプラグイン。
URL http://andrei.gmxhome.de/anyedit/
Update URL http://andrei.gmxhome.de/eclipse/

Property Editor

Java propertisファイル用エディタープラグイン。
URL http://propedit.sourceforge.jp/
Update URL http://propedit.sourceforge.jp/eclipse/updates/

DBViewer Plugin

データベースに接続/操作するためのプラグイン。
URL http://www.ne.jp/asahi/zigen/home/plugin/dbviewer/about.html
Update URL http://www.ne.jp/asahi/zigen/home/plugin/dbviewer/



設定

subclipse

c:\Documents and Settings\%USERNAME%\Application Data\Subversion\configを以下のように変更します。

[miscellany]セクションを以下のように変更

# enable-auto-props = yes

  ↓

enable-auto-props = yes

[auto-props]セクションに以下を追加。

*.java = svn:keywords=Id Date Author Rev URL

anyedit

ウィンドウ→設定→一般→エディター→AnyEdit toolsに移動する。
Convert tabs <-> spacesのTab width/number of spaces for tabに4を入力する。
Before editor buffer will be savedのConvert tabs <-> spacesをチェックする。


tips

  • ctrl + shift + o ... importの補完/削除
  • ctrl + shift + f ... ソースをきれいなフォーマットにする。(ただし、スペースを削除してしまうので、使用には注意が必要。)
  • 複数行選択して ctrl + / ... 選択範囲をコメントアウト
  • 複数行選択して ctrl + i ... 選択範囲のインデントの修正

jspから生成されたjavaソースコードが文字化け

TomcatではJSPからjavaソースコードを生成する時、デフォルトでは文字エンコーディングをUTF-8に指定します。
Windows上のEclipse JavaエディタではMS932がデフォルトとなっているため、
生成されたjavaソースコードをEclipseのJavaエディタで開いたときに文字化けが発生します。
そこで %TOMCAT41_HOME%/conf/web.xml の158行目付近に以下の設定を追加します。

 <servlet>
   <servlet-name>jsp</servlet-name>
   <servlet-class>org.apache.jasper.servlet.JspServlet</servlet-class>
   <init-param>
     <param-name>logVerbosityLevel</param-name>
     <param-value>WARNING</param-value>
   </init-param>
 
   <!-- ここから追加 -->
   <init-param>
     <param-name>javaEncoding</param-name>
     <param-value>Windows-31J</param-value>
   </init-param>
   <!-- ここまで追加 -->
 
   <load-on-startup>3</load-on-startup>
 </servlet>


Eclipseでsvn+ssh

  1. puttyを拾ってくる。
    ゑBLOG - PuTTY 0.59 ごった煮版 2007年2月6日版
    適当なディレクトリにインストールする。

  2. 環境変数を設定する。
    パス区切り文字は「/」か「\\」。「\」はだめ。(\はYen記号)
    SVN_SSH=x:/path/to/putty/plinkw.exe

  3. pageantを実行し鍵を登録。
    1. pageantを実行。
    2. タスクトレイのアイコンを右クリック。
    3. 「鍵の追加」を押下。
    4. 鍵(拡張子ppk)を選択。
    5. 鍵に対応したパスフレーズを入力。

  4. Eclipseを起動しリポジトリを登録。
    リポジトリを登録時、スキーマに「svn+ssh」を指定する。
    ex. svn+ssh://svnservername/repositorypath

  5. svnserveへのオプションを設定する。
    svn+ssh接続の場合、svnserveはsvnserve.confを見てくれない。
    なので、authorized_keysにcommandを指定し、svnserveをオプション付きで実行させる。
    authorized_keysのsvn+ssh用公開鍵の先頭に下記内容を追加する。
    command="/path/to/svnserve -t -r /repositoryroot",no-port-forwarding,no-X11-forwarding,no-agent-forwarding,no-pty ssh-dss ...

Compiler Adapter 'org.eclipse.jdt.core.JDTCompilerAdapter' can't be found.

このエラーが起こる場合、build.xmlに次の記述がある。

<property name="build.compiler" value="org.eclipse.jdt.core.JDTCompilerAdapter"/>

これを解消するには、ant実行時のCLASSPATHにecj.jarを追加すればよい。

2009-03-22 (日) 22:14:12 (3500d)

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS