mod_jk2

mod_jk2

コンパイル&インストール

ダウンロードしたファイルを解凍し、コンパイルディレクトリへ移動します。

tar zxvf jakarta-tomcat-connectors-jk2-2.0.2-src.tar.gz
cd jakarta-tomcat-connectors-jk2-2.0.2-src/jk/native2/

次にコンパイルします。configure するときの注意点として、Apache2 の apxs のパスと Tomcat のパスを渡す必要があります。

./configure --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs --with-tomcat41=/usr/local/tomcat

tomcat5の場合、指定する必要なし。

make

コンパイルが成功すると、jk/build/jk2/apache2/mod_jk2.so に Apache 用のモジュールが生成されますので、Apache の modules ディレクトリにコピーします。

cp ../build/jk2/apache2/mod_jk2.so /usr/local/apache2/modules/

次に mod_jk2 の設定ファイルを Apache の conf ディレクトリにコピーします。

cp ../conf/workers2.properties /usr/local/apache2/conf/ 
cd jakarta-tomcat-connectors-jk2-2.0.2-src/jk/native2
$ ./configure --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs


設定

httpd.conf

LoadModule jk2_module modules/mod_jk2.so


workers2.properties

mod_jk2の設定は、workers2.propertiesファイルで行います。

[status:]

[uri:/jkstatus/*]
group=status:

[shm:]
disabled=1

[channel.socket:localhost:8009]
group=tomcat41

[ajp13:localhost:8009]
channel=channel.socket:localhost:8009

# tomcat41 webapps
[uri:/tomcat41webapp/*]
group=tomcat41

workers2.properties(複数のtomcatと連携する設定)

[status:]

[uri:/jkstatus/*]
group=status:

[shm:]
disabled=1

[channel.socket:localhost:8009]
group=tomcat41
[channel.socket:localhost:18009]
group=tomcat50

[ajp13:localhost:8009]
channel=channel.socket:localhost:8009
[ajp13:localhost:18009]
channel=channel.socket:localhost:18009

# tomcat41 webapps
[uri:/tomcat41webapp/*]
group=tomcat41
[uri:other.host/otherhostwebapp]
group=tomcat41

# tomcat50 webapps
[uri:/tomcat50webapp/*]
group=tomcat50
2007-07-15 (日) 00:18:17 (4299d)

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS